POPは購買意欲をそそられるように作られており、ホワイトデーにもその影響があります

ホワイトデーは3月14日で、チョコレートを貰った男性がマシュマロやキャンディー、クッキーといったお返しする日です。
また、昔のキリスト教司祭バレンタインが結婚を禁じられた兵士達を結婚させていましたが、これが知られてしまい処刑が行われた日から1ヶ月後でもあります。

その恋人達が再び愛を誓いあった日でもあるため、恋人の日とも呼ばれています。
しかし、なぜ恋人の日がホワイトデーとなり日本中に広がっていったのでしょうか。
それには、POPを含めた宣伝戦略があったからと考えられています。

POPとは紙による広告宣伝で、商品名や価格、キャッチコピーに説明文、また、イラストを手書きした宣伝媒体のことです。

ほとんどの人がこのPOPに影響されて購買意欲が増えたり反対に下がったりしますし、商品を宣伝するものですからとても大事な役目を担っています。
ホワイトデーの最初のPOPは、1970年代に福岡の和菓子屋「石村萬盛堂」が、バレンタインデーのお返しにマシュマロを売り出したことが始まりではないかと言われています。

他にも説はあり、全国飴菓子工業組合が3月14日にお菓子を返す日と宣伝し始めたからとも言われていますが、どちらにしろ、沢山の人の心を掴んだ宣伝があったため現在でも引き継がれているのでしょう。

近年のバレンタインのお返しは3月14日に行うのが当たり前になっており、こうした時期になると店内には購買意欲を誘うような華やかなレイアウトが施されます。
今やホワイトデーは日本人の行事の一部となり、POPも購買意欲を掻き立てる重要なものになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ