ホワイトデーのお返しの品には、いろいろな意味が込められていると言われています

毎年3月14日はホワイトデーで、バレンタインデーにチョコレートをもらった男性が女性にお返しを贈る日となっています。

スーパーやコンビニエンスストアはもちろんですが、百貨店やショッピングモールでも、バレンタインデーが終わるとすぐに特設コーナーがホワイトデーのコーナーに変わり、きれいにラッピングされたいろいろな商品が陳列されています。

一般的に、昔からチョコのお返しとしてはマシュマロやクッキー、キャンディーが王道となっていますが、実はこのお菓子にはそれぞれ意味が込められているのをご存知でしたか?
マシュマロには「あなたが嫌い」という意味があるので注意が必要です。クッキーは「あなたは友達」ということを表していて、比較的種類も豊富にあるので選ぶには無難な商品と言えます。

また、キャンディーには「あなたが好きです」という意味がありり、本命チョコを渡した人からのプレゼントがキャンディーであれば、両想いの可能性があるかもしれません。
しかし、このような内容を理解してお返しを選ぶ男性はとても少なく、また、もらう方もわかっている人は少ないでしょう。

とは言え、占いやおまじないが好きな女性の中にはこのようなことを理解している人もいますので、もし迷ったときは他のスイーツを選ぶという方法もあります。
そして、義理チョコとわかっている職場の女性や取引先の人などに頂いた時は、みんなで食べられるようなスイーツが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ