ホワイトデーのお返しに飴を贈りましょう

ホワイトデーとは、女性からバレンタインデーにチョコレートなどを受け取った男性が、その気持ちへのお返しを贈る日で、日付はバレンタインデーの1か月後の3月14日になります。この習慣は日本で生まれたもので、アメリカではこのような風習はなく、中国や台湾、韓国などの東アジアの一部でも定着しています。

バレンタインデーのお返しをする日、アンサーデーとして、欧米の習慣に習いポピーデー、フラワーデー、クッキーデーなどのネーミングがあり、最初は菓子業界がそれぞれに独自の日を定めていました。

しかし、全国飴菓子工業協同組合が、ホワイトは純潔のシンボルでティーンのさわやかな愛にぴったりという考えのもと、1980年からホワイトデーとして3月14日にスタートさせたことから現在に至っています。

この時期になると、スーパーや百貨店で特設コーナーが設けられ、お返しの定番としてはクッキーやマシュマロ、キャンディーが商品として並べられていますが、このお返しにはそれぞれに意味が込められています。キャンディーには「あなたが好きです」という意味があり、本命チョコをもらった相手には自分の気持ちをキャンディーでお返しするのもよいでしょう。

相手も意味を知っていれば、気持ちに答えてくれたと思うかもしれません。
また、現在に至るホワイトデーを統一しスタートさせて定着させたのは日本の飴業界です。このようなことも踏まえて、意味はあまりこだわらなくても日本の伝統の飴や少し変わった飴細工などを贈ってもいいのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ