ホワイトデーでお返しがない場合、相手に義理チョコだと思われている可能性があります。

3月14日はホワイトデーだということは、ほとんどの方が知っています。
その日は、バレンタインデーで女性からチョコレートをもらった男性が、お返しにクッキーやキャンディーなどのお菓子を贈る日です。
女性からしてみたら、チョコレートをあげた人からお返しがない時はさびしいもので、たとえそれが義理チョコだったとしてもそう感じてしまうものです。

そしてさらに悲しいことは、本命チョコとして渡した人からお返しをもらえなかった場合でしょう。
けれども女性の方にひとつ忠告しますが、そこで振られたと思ってはいけません。
もしかしたら、相手の方は「本命チョコ」と気が付いていないという場合が考えられます。

義理チョコだと思われていて、お返ししなくてもいいと思われているのかもしれません。
ちゃんと本命ってところを強調したのか、今一度思い返してみましょう。
男性でもそうですが、女性も気にならない人には、お返しをあまり気にしないタイプの人もいます。

だからこそ、その点を相手を伝えないと分からない事も多く有るので、義理だとお返しとして用意していない場合もあるのです。また、ちゃんと相手はお返しを持ってきていたとしても、恥ずかしかったりとか、多忙だったから渡せなかったりしていたとか、タイミングが合わなくてもらえなかったということもあり得ます。

そこのところが気になるようでしたら、イベントに頼ることなく、思い切って告白するというのもひとつの手段です。
そうすることで、確実に本命だと分かってもらえますし、時には当たって砕けろ的な行動もいいのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ