ホワイトデーの義理チョコお返しには

現代日本では欠かせないイベントとなった2月14日のバレンタインデーに、友人や職場の同僚などから義理チョコなどのプレゼントを貰ったのであれば、3月14日のホワイトデーには、何かしらのお返しをするべきでしょう。

かつては、バレンタインデーの3倍返しという、大まかな価格の面での負担が強いられる風潮があったために避けられがちなイベントであったホワイトデーですが、近年はそういった傾向もなくなり、バレンタインデーと同様により気軽にコミュニケーションを深めるためのイベントデーの1つとして用いられています。

バレンタインデーには、チョコレートという絶対的なシンボルともいえる贈り物があり、義理でも配りやすい詰め合わせなどの商品が様々な値段帯で多数展開されている反面、ホワイトデーにはお菓子が人気ではあるものの、これといった絶対的なシンボルとなるプレゼントはありません。

そのために、贈る側のセンスが試される日として、友人知人に対してであれ、何を贈ればいいのかわからなくなってしまうのはよくあることです。

あまりに高価なお返しは貰う方としても抵抗があるということもあってか、お返しの主流となっているのはキャンディーやクッキー、マシュマロといったお菓子類であり、こういったものは複数の人に配りやすい詰め合わせといった商品が展開されていることもしばしばです。

他にも、紅茶やワインなどが人気となっており、手軽に消費でき、物として後に残らない飲食物が義理チョコのお返しとして人気となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ