ホワイトデーは福岡の有名お菓子メーカーが発案したもの

バレンタインデーが女性から男性への愛のメッセージとして、特定の方に対する告白の意味としてチョコレートを渡すものに対して、ホワイトデーは男性から女性へのお返しの意味を込めて、マシュマロやクッキー、キャンディーなどを渡すものとして今日定着しています。

バレンタインデーは以前より存在しましたが、ホワイトデーはバレンタインデーからしばらくした後に福岡の有名お菓子メーカーの発案により誕生しました。
福岡の有名お菓子メーカーが女性から男性にチョコレートを渡すのであれば、男性から女性にお菓子を渡しても良いのでは、と考え、そのお菓子メーカが取り扱っているマシュマロをバレンタインデーの1カ月後である3月14日に設定しました。

それが瞬く間に全国に広がり、イベントとして定着しました。
当初はマシュマロを販売していたのですが、今現在ではキャンディーやクッキーなど多様になっています。
全国的に言い伝えられているかは定かではありませんが、好きな女性へのお返しにマシュマロを、どちらでもない、中間な気持ちの方にはクッキーを、好意を持っていない方にはキャンディーをお返しするという意味合いがあります。

女性から貰ったチョコレートのお返しにと始まったホワイトデーですが、現在では、男性から女性への愛の告白をするためのイベントとして使用されることもあり、愛の告白の形は時代と共に変化していきています。
福岡の有名お菓子メーカーも新たな商品を開発しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ