ラッピングですが、ホワイトデーの包装は白やブルーが多くあります。

ホワイトデーは今やバレンタインデーに並び様々な産業に関係する大イベントです。
商業施設の中のその売場はアイキャッチ効果をねらった派手なディスプレイが施されています。
このイベントに男性が女性に贈るものは、以前のようにスイーツだけではなく、アクセサリーや、財布、バッグ、時計など高価なものが選ばれる傾向がありますが、その品物を包むラッピングは男性が考える以上に、女性にとっては重要だったりします。

現代はいろいろな場面において、エコを意識した簡易包装が推奨されていますが、それでも女性は美しい丁寧な包装がされたプレゼントをもらうのは嬉しいと思います。
ホワイトデーの包装は、バレンタインデーの赤やピンクとは対照的に白やブルーを貴重としたものが多いです。

白やブルーだと寂しい印象になりがちなので、ゴールドやシルバーのリボンやシール、オーガンジーを使って工夫を凝らす必要があります。
またブランド品だと、そのブランドのオリジナルデザインのラッピングがあり、個性を主張しています。
有名ブランド品の包み紙はそれだけで存在感をはなち、ネットオークションなどには有名ブランドの包装紙や紙袋だけが千円くらいで出品されていたりするのにも驚かされます。

義理チョコのお返しには、中身は高価なものではない分、ラッピングで気持ちをこめたりも出来ます。
イベントだからと事務的にするのではなく、メッセージカードを添えて、普段の感謝の気持ちを伝えるのも良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ホワイトデー

このページの先頭へ