二人の門出を祝う結婚祝いに花束はふさわしい贈り物の一つです

これから新しい家庭を築いていく二人のために、結婚祝いとして花を贈ると喜ばれるでしょう。そして、家族や友達、親戚、会社の同僚など、贈る相手によってふさわしい種類とタイミングを知ることも喜んでもらえる重要なポイントです。

渡すタイミングについては、式場に飾ったりウェディングブーケとして使用するといった特別な理由がない限り、結婚式の当日は避けたほうが良いでしょう。
当日は主役である二人は忙しくて荷物も多く、式後に新婚旅行に出かけることも考えられますので、結婚式の後日や新居に引っ越した後などに贈るのが最適です。

結婚祝いの花で人気があるのは、や青を基調にしたブーケやアレンジメント、プリザーブドフラワーです。白は純潔なイメージで新婚の二人にふさわしい色として人気があり、青は欧米の習慣であるサムシングフォーのサムシングブルーが由来で、近年では日本でも人気がある色になっています。

ただし、白や青に対して寂しいイメージを持つ人もいますので、相手の好きな色を選んで贈ってもよいでしょう。
また、お祝いなので華やかな印象のある赤やピンク、黄色やオレンジを選ぶのも良いです。

さらに、手入れのしやすい鉢植えやアレンジメントにしたり、好きなように生けられるブーケや手入れをしながら育てられる花鉢にしたりなど、相手の性格も考えて選ぶとより一層喜ばれます。

そしてお祝いのメッセージカードを添えれば、二人を祝福する気持ちが伝わります。
結婚祝いの花の種類に決まりはありませんので、相手が喜びそうな色や種類を選んで、ベストなタイミングに贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ