結婚祝いは、しきたりに捕らわれる必要はありませんが最低限のルールやマナーは覚えておくと良いでしょう

結婚祝いは品物を贈るのが基本で、以前は暦を確認して大安や先勝の日を選び、午前中に自宅に持参するのが本来のスタイルでした。
手元に届けるのが習わしですが、現在は結婚式や披露宴の招待状を頂いてから、式の1、2か月前から遅くても1週間前までに届くように贈るのもよしとされています。

送る際には、メッセージカードなどにお祝いの言葉を添えるのが望ましいでしょう。
例えば、どうしてもお祝いの品が1週間前までに届かない状況だとしたら、その旨を先方に伝え、後日贈ることも問題ありません。

しかし、挙式や披露宴の当日に持参するのは避けましょう。保管場所や持ち帰る際の荷物になり、迷惑がかかってしまいます。披露宴に残念ながら出席できない場合や招待は受けていない方が贈る場合も同様で、事前に配達されるようにします。贈る品は、新生活に必要な食器や調理器具、家電やインテリア小物などが一般的で喜ばれます。

刃物や割れ物、または割り切れる偶数は避けるようにと言われていましたが、最近では「幸せを切り開く」、「幸せを分かつ」と柔軟に考える傾向もあり、贈る相手が望めば2客の器で1ペア、6個や12個のセットも贈られていて、縁起よりも趣味やライフスタイルを重視した実用性の高いものが優先されているようです。

結婚は当人同士が承諾すれば昔からのしきたりにとらわれずという風潮がありますが、本来は両家を結ぶ縁を祝うものなので、両親や兄弟姉妹、親類縁者など目上の方々への配慮は欠かせません。
最低限のマナーやルールを覚えておけば、いざという場合に役に立つでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ