青年の樹(ユッカ)やパキラは縁起が良く、世話も簡単なので結婚祝いに贈る観葉植物にピッタリです

結婚祝いとして一般的にはお祝い金を贈りますが、サプライズプレゼントをプラスして新郎新婦を喜ばせましょう。少し趣向を変えて、二人の住む所に飾れるようなもの、観葉植物を贈ってみてはいかがでしょうか。
普通の観葉植物を贈るのではなく、縁起が良い観葉植物を贈れば喜ばれます。

青年の樹(ユッカ)は「成長発展の樹」と呼ばれていて、贈った相手の成長と発展を願って贈れますし、手入れが簡単で耐寒性も強く、水やりも少なめで大丈夫です。
葉っぱが広がらずに成長するので、余分なスペースを取らないことからも贈り物には最適と言えます。

また、パキラは別名「発財樹」とも呼ばれており、お金を産む樹と言われているのでこちらもおすすめできます。
どうしても結婚生活にはお金が入り用になってしまいますので、二人がこれからの生活でお金に困る事のないようにという願いを込めて贈ってみてはいかがでしょうか。

さて、このように大きい物を結婚祝いで贈る時は少し注意しなくてはなりません。
式の当日に持参すると相手に余計な労力を使わせてしまいますので、結婚式が行われる1ヶ月~1週間くらい前に、相手の都合の良い吉日を選んで持参するか宅配を頼むようにします。

式までに間に合わない場合は、きちんと連絡をして後日届けるようにしましょう。
その際に、どのような想いを込めて贈るのか、お祝いのメッセージと共にカードを添えれば、相手にこちらの想いが届いて喜んでくれるはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ