結婚式に呼べなかった方などに贈る結婚祝いのお返しマナーをいくつか紹介します

結婚式や披露宴に招待しなかった人から結婚祝いを貰った場合や結婚式をしなかった場合、或は結婚式で配ったものではお返しとして不十分な場合には「結婚内祝い」としてお返しをしますが、その際に気を付けるべきマナーがいくつかあります。

まずは贈る時期で、結婚の内祝いに限らず、お祝いのお礼はできるだけ早い時期に行うのが基本で1か月以内が目安となっています。
次に贈ってはいけないものについてですが、結婚式で「切れる」「割れる」という言葉がタブーなように、「刃物」や「割れ物」は贈ってはいけません。

お菓子やお茶など、食べたり飲んだりしてしまうものであれば貰っても困りませんので一番おすすめできます。
そして、偶数は避けるというのもポイントで、お祝儀の金額も同様ですが、二つに割り切れる偶数は別れをイメージするので良くないと言われています。

詰め合わせを贈る場合は入っている個数に注意しましょう。
それから、贈る品物は縁起物にこだわることも大切で、結婚式の引き菓子の定番にバウムクーヘンがありますが、これは幾重にも年を重ねるように、家族が増えるようにと縁起を担いだものです。

このように、「おめでたい言われがあるもの」を贈りましょう。
また、贈り物に付ける熨斗は、紅5本、白5本、合わせて10本の水引で固く結ばれ、更には水引の端が上に向いた「結び切り」を使うようにします。

最後に贈り物に添えるお礼状についてですが品物のみを贈るのではなく、結婚式に招待できなかった方の為に式の写真を添えるなどして、今後も二人を応援したいと思ってもらえるよう心のこもった内容でメッセージを考えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ