新しい門出を迎える二人に、幸せが続くよう結婚祝いとして、シャンパンはいかがでしょう

懐かしい名前の綺麗な封筒が突然届き、結婚式の招待状だったという経験は皆さんあるかと思います。
読んだ瞬間こちらまで嬉しい気分にさせてくれますが、新しい門出を迎える二人へのお祝いにシャンパンを贈りませんか。

シャンパンは正式にはシャンパーニュ地方で生産されたぶどうのみを使用して製法の基準を守って作られたお酒だけを特別に呼ぶ名称で、他はスパークリングワインと呼ばれ、この二つの違いは希少価値から値段にも差が出ています。日本ではシャンパンという名で広まっていますが、世界ではシャンパーニュが一般的な呼び名です。

このお酒は披露宴の乾杯でよく使われています。
その理由は、グラスに注ぐと泡が絶え間なく出ることから、「幸せが消えず祝福が絶え間なく続く」といった意味を持つとされているからです。値段は高価で、なかなか自分では買わない品物なので、結婚祝いに贈ってみてはいかがでしょうか。

ただし飲み物ですから、飲んでしまえば記念として残らないと気になる方には、シャンパングラスもセットで贈ることをお勧めします。
ワイングラスを持っている方は多いでしょうが、繊細で洒落たシャンパングラスをプラスすると喜ばれますし、贈られた側も形としても残るので思い出の品となるでしょう。

更にもう一工夫として、ラベルが特注できるサービスがありますので、お二人の写真やエピソードなどをラベルに入れて、世界で一本だけのオリジナルボトルを作ることもできます。結婚祝いの贈り物に悩んだ時には、シャンパンを贈ってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ