友人や同僚、会社関係の結婚祝いの相場は1万円からです

冠婚葬祭において、結婚祝いのご祝儀や贈り物の相場はどのくらいだろうかと、贈る側としては非常に気になると言う話をよく耳にします。幾らでなければいけないという決まりはないものの、相手との関係や自分の立場をわきまえて、相応しい配慮がないと後で恥をかいたり、非常識だと非難されるかもしれません。

特に、相手にプレゼントを贈る際の金額や品選びに頭を悩ませる人が多いようです。
親戚が結婚する場合は、きちんとした風格を感じさせる質の高い品を選びましょう。
相場としては2万円前後の上質な食器セットが人気ですが、親しい間柄ですので、直接本人に何が欲しいか尋ねた方が無難です。

友人や同僚の場合、実用的な物や相手を楽しませる様なユニークな品が記念に残る品として喜ばれます。
個人で贈る場合の予算は1万円から2万円前後が一般的で、相手の好みを良く知る友人ならではのインテリア雑貨や日常使いやすいシンプルな食器がお勧めです。

また、グループで贈れば予算をまとめる事が出来、個人で贈るより高額な品を選べるので、人数にもよりますが価格帯が高めのインテリア家電などはおしゃれで喜ばれます。

会社の上司や部下の場合、個人ではなく同じ部署やグループの連名で贈るケースが多く見られ、予算は1万円から3万円程度が相場で、あまり個性的な物よりも、有名ブランドの定番品やロングセラー商品の様な安心感ある品物の方が適しています。

結婚のお祝いの品は、気持ちを形に残すと言う意味で重要ですので、お祝い金を贈ったからいらないというわけではありません。
相手との関係や立場に適した贈り物を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ