結婚祝い食器ブランドについて

今では結婚祝いに現金を贈る事は当たり前になっていますが、本来は品物が基本で、大安や先勝といった吉日の午前中に自宅へ持参するのが習わしでした。

現在のお祝いを贈る時期は、結婚の知らせや披露宴の招待状を受け取ってから、挙式の1~2ヶ月前までに送り届けるのが一般的で、贈る品は、新生活に必要な家電や食器、調理器具などが喜ばれます。

刃物や瀬戸物、割り切れる偶数の品は避けた方が良くタブーの品だとされてきましたが、最近では、「幸せを切り開く」や「幸せを分かつ」とポジティブに解釈する傾向があり、縁起の善し悪しよりもライフスタイルや趣味に合った実用性の高い物事の方が優先される傾向です。

食器は予算に合わせて選べるアイテムが豊富で、低価格でもセンスの良い品を選べば喜ばれるので特にお勧めで、3,000円から5,000円の予算で選ぶなら豆皿はいかがでしょう。

醤油や薬味を乗せるのに調度良く、取り皿にも最適で、小さいながらも出番の多い器なので重宝します。
ある程度高額の予算を考えているならば、一流ブランドのグラスやティーカップはどうでしょうか。

例えば、スウェーデンを代表するクリスタルブランドのオレフォスのペアワイングラスや、老舗ブランドのウェッジウッドのティーカップは、クオリティーが高く長く愛用したい品で、日常を少し優雅に演出してくれるので非常に人気があります。
結婚祝い食器ブランドは、心から喜ばれる品をセレクトして贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ