結婚祝いの祝儀袋のマナーについて

結婚式に招待された際に、マナーなどがよく分からなくて、持っていく祝儀袋に悩んだことはありませんか。
祝儀とは、七五三や結婚、新築など、色々な節目に金品を贈ることですが、それを入れる和紙でできた物を祝儀袋と言います。

そしてその種類は様々で、選び方や書き方、包み方それぞれに決まりがあります。
結婚祝いを包む場合は、まず、右肩部分に「のし」が付いたものを選びます。

これは祝い事に縁起の良い海産物を贈ってきた名残で、「のしあわび」を簡略化したものです。水引は一般的な祝い事の5本と違って、結婚祝いでは慶びが重なるようにと10本が正式で、一度結んだらほどけない「結びきり」のものを選び、結び直しのきく「蝶結び」は厳禁です。

また、表書きは「寿」か「御結婚御祝」とし、贈り主の名前は濃い墨の毛筆でフルネームを楷書で書きます。包む金額とのバランスも大切で、金額が多くなるほど水引を豪華にします。例えば、親しい友人や後輩などに2~3万円包む場合はカジュアルなものでもよいですが、目上の人に使用するのは礼を欠くこともありますので注意が必要です。

また、仕事関係の人や親族に3万円程度包む際には、水引は金銀か紅白の最もオーソドックスなタイプを用い、個人や夫婦連盟などで5万円以上包むときには、水引に華やかな装飾が加えられているような格の高いものを選びます。

お札は新札を用意して、表側の肖像画が上の部分になるようにして入れ、中包みの表側に金額を書き、裏側には自分の住所と名前を書きます。
そして、祝儀袋の裏側は「喜びを受け止める」という意味で上向きに重ね、袱紗に入れて持参し、丁寧に渡すようにしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ