結婚祝いに紅茶を贈ることは定番となっており、有名ブランドの缶入りのものを選べば失敗がありません。

結婚祝いを贈る時には、相手が喜んでもらえるものを選んで贈るのが1番です。
しかし、贈るものによっては縁起の悪いものや、悪い意味を持つものもあります。
たとえば刃物などは、縁を切る、縁が切れるという意味になり、あまり結婚祝いに贈るには向いていないとされています。

そういった点に注意を払い、贈るものを選んでいくと良いでしょう。
しかし、相手の方から、結婚生活する上で包丁を贈られると嬉しいなどの要望があった場合は、深く考えずその要望に応えて贈るのがベストです。
また、紅茶も結婚祝いの定番となっています。

紅茶は種類が豊富にあり、パッケージもおしゃれでかわいらしいものが多いので、贈る方も贈られる方も楽しめる贈り物です。
あまり紅茶に詳しくない人は、種類が豊富にありすぎて、どのようなものを選べばいいのか悩んでしまうかもしれません。

贈る相手の好みなどを熟知している場合は、相手の好みに合わせて贈れば良いのですが、わからない場合はさりげなく好みを聞き出しておくとギフトを選ぶ目安になります。
それも分からない場合は、定番の有名ブランドの缶入りのものを選んで贈るようにすると失敗することが少ないでしょう。

相手の好みがわからないのに、あまり変ったフレーバーなどを選んでしまうと、味のくせが強いものもあり、好き嫌いが分かれてしまうので結局飲まれないということにもなります。
ギフトの中にはいろいろな種類が少しずつ入ったものなどもあるので、好みが分からない場合はこういったものもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ