みんながお祝いの言葉を書いた色紙を贈れば、後で読み返すことができ、他にはない一つだけの結婚祝いとなります。

学生時代の友人や会社の先輩、同僚または後輩などが結婚すると決まったら、お祝いを贈ると思います。
二人にとって記念になるものや、新生活で必要なものなどを考え、結婚祝いとして贈ると喜ばれるでしょう。

また、何人かでまとめてお祝いを贈るのであれば、よりまとまった金額になって、新居に必要なものや新郎新婦の欲しいものをみんなで贈ることが出来るかもしれません。
このように、個人でのお祝いではなくて何人かで揃ってお祝いをあげる時には、一緒に色紙を添えるとさらに思い出に残るプレゼントになります。

みんなで寄せ書きのようにして、お祝いの言葉をひとことずつ書き、その色紙を一緒にお祝いと合わせて贈りましょう。
新生活に必要なものや、結婚の記念になるような贈り物はもちろんもらって嬉しいですし、ずっと残りますが、みんながお祝いの言葉を書いた色紙などはずっととっておいて後で読み返すことができる、これも他には同じもののない結婚祝いとなります。

ですから、同じ職場や学生時代の友人同士などで贈り物をする時にはぜひ、お祝いのメッセージも一緒に添えてプレゼントを贈りましょう。
品物だけではなく、それ以上にみんなの祝福の気持ちが寄せ書きにすることで伝わります。

多くの言葉はいらないですから、おめでとうの気持ちをこめた、それぞれのメッセージを書いたものを一緒にお祝いとして贈りましょう。
一生、記念に残るお祝いの品になることは間違いないです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ