結婚祝いに商品券をプレゼントすれば、欲しいものを聞くことが出来ない場合でも失敗がありません。

結婚祝いの贈りものとしては、生活家電やインテリア雑貨、各種の食器やキッチン雑貨など、新生活を始める二人を応援するためのグッズの中から必要なものを選びたいところです。
相手に直接欲しいものを聞くことができればそのものを贈るので良いのですが、タイミングが合わなかったりして聞けなかった場合には、商品券を利用するといった手もあります。

商品券であれば、完全にこちらの趣味や憶測で選んだことで、相手にとって不用品となるものを贈ってしまうといった失敗に繋がることもありませんし、プレゼントが他人と被ってしまったということもなくなります。

後日ゆっくりと本当に必要なものや、新生活を始めてから必要性を感じたものを相手が選んで購入することができるので、絶対に無駄がありません。

また、結婚祝いとして避けたほうが良いと言われている、刃物や割れ物、割り切れる偶数といったものともほぼ無縁といっても良く、新郎新婦の勤務先のライバル社の製品をうっかり贈ってしまったといった失敗を気にすることもないために、気兼ねなく贈ることができるプレゼントだと言えます。

普段から日常的に交流のある親しい友人知人であっても、そうではなく会社を通した取引先の知り合いや、結婚式に招待されて数年ぶりに会うことになった幼少期の友人といったような相手に関する情報が乏しい時にまで、幅広いシチュエーションに対応できるのも商品券を結婚祝いとして贈る際のメリットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ