結婚祝いのお返しはいただいた金額の半分から3分の1の内祝いを贈るのが相場です。

結婚が決まると、結婚式の準備の他に、新生活や新婚旅行の準備などで忙しい日々を過ごすことになります。
そんな中、祝福してくださった人たちへの感謝の気持ちを、結婚の内祝いとして用意することもしなければなりません。

そこで、結婚祝いのお返しのマナーと相場を知っておきましょう。
まず、結婚式に出席していただいた方には、披露宴に招待してお料理でおもてなしをし、引出物をお贈りするのが基本ですので、他に内祝いなどお返しをしなくても良いとされています。

ただし、思っていた以上にお祝いをいただいた方には、別途内祝いを贈ることもありますし、新婚旅行などで個別にお土産を買って贈ると良いでしょう。
そして、結婚式に出席していない人からお祝いをいただいた場合は、結婚の内祝いとして、結婚祝いでいただいた金額の半分から3分の1程度のものを贈るのが相場だと言われています。

この場合のお返しをする時期は、結婚前にいただいた場合は披露宴にお招きするか遅くとも結婚式後1カ月以内までに贈るのが基本です。
また、贈り方は、本来ならば夫婦2人で持参するのが良いのですが、それが無理な場合、お礼状を添えて宅急便などで送ると良いでしょう。

内祝いの品には、昔は紅白の砂糖などが定番でしたが、最近では実用品や食べ物など、消費してしまうものが定番です。
とはいえ、先方の好みもありますので、カタログギフトも人気があります。
このように、お返しのマナーはいろいろありますが、感謝の気持ちを一緒にお贈りするような心が大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ