親友への結婚祝いの言葉はしっかり伝えて新たなスタートを

幼馴染や親友が結婚するという知らせはとても嬉しいことです。
その反面、二人だけしか知らない素敵な思い出をたくさん共有していればいるほど、少し寂しい気持ちになったりするものでもあります。
そんな大切な友達が結婚する時には、ぜひ、とびきりの結婚祝いの言葉で祝福してあげましょう。

結婚式でスピーチを頼まれる人もいるでしょうし、今は遠方に住んでいて、祝電を贈ることでお祝いを伝えるという人や、結婚祝いと一緒に手紙を添えるという方もいるはずです。
どんな形でも、自分の言葉を並べた文章で気持ちを伝えることえおお勧めします。
今は、インターネットで探せば簡単に、素敵なお祝いの言葉の文例を見つけることができます。

しかし、そういう美辞麗句よりも、自分なりの普段の言葉でお祝いの文を作る方が、相手の心にストレートに届いて印象に残るでしょう。
自分と相手しか知らない懐かしいエピソードを入れれば、さらにオリジナリティあふれる素敵な文章ができるかもしれません。

結婚祝いの言葉は、長くする必要はありません。
短くても、その言葉の一つ一つに自分なりの素直な想いがこもっていればそれで良いのです。
ぜひ、大切な友人の晴れの日に、心を込めたはなむけの言葉を贈ってあげてください。

どこかで頼りにしていた、心のよりどころでもある友人を送り出すことは、自分の人生にとってのひと区切りにもなります。
現実をしっかりと受け止めることで、気持ちを切り替えて、新たなスタートを切りましょう。
そういう人にこそ、素敵な出会いが訪れるものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ