結婚祝いの定番としての調理器具、家事家電

結婚祝いの定番として挙げられるのが、調理器具と家事家電です。結婚するということは、2人が新たな生活を始めることを意味します。これまで、単身生活をしていたときに使っていたものが使えなくなることが多々発生します。調理器具の場合、単身時代に持っていた炊飯器が3人分までしか炊けないなどがあります。

また単身時代にはそれほど必要でなかったものが、結婚することによって必要になることがあります。
例えば、独身の人は圧力鍋を持っている人は少く既婚世帯では所有率は独身に比べ高いと思われます。
また、家事家電においては、独身の人が所有する掃除機の台数は1台か、所有していないかのどちらかだと思われます。

しかし、既婚世帯で子供がいる場合などは、メインとなる掃除機が1台あって、細かいところを掃除するためのサブとなるハンドクリーナなどが必要になる場合があります。
ハンドクリーナーは子供の食べたものが床に落ちた場合など、大きく重たい掃除機を出すのは面倒だが、やはり掃除機で吸い取りたいというような状況が発生します。

場合によっては、1階用、2階用という使い分けを行う家庭があるかもしれません。
このようなことを想定することは比較的容易です。
そうすると、結婚祝いとしてよく贈られるものは、調理器具、家事家電になり、これらのものが定番として挙げられるのではないでしょうか。

実際に何を結婚祝いとして贈るかというのは、当の本人に聞いてみるのが1番です。
ただ、聞かれた本人も答えにくい場合があります。
そのような場合、調理器具、家事家電などが選択肢の定番となるではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ