結婚祝いで半返しをするケースとしては、披露宴に招かなかった、参加できなかったが祝い物を頂いた場合です

結婚式を挙げる場合参列者へのお返しの相場はいくらなのかという事を参列できなかった方へのお返しの場合と合わせてご紹介します。
まず、結婚式を挙げて参列して頂いた方に対しては、披露宴で振る舞う食事や、引き出物をお返しとするので、きっちり半返しにする必要はありませんし、式場の予算などによってお返しの額ははまちまちです。

引き出物の中に交通費程度のお車代を包む所もあります。
一方、招いたけれどやむを得ず来られなかったが結婚祝いを頂いたという方に対しては披露宴の引き出物を送る場合もありますが、基本的には半返しにあたる物を贈るようにします。
後は、披露宴に招かなかったけれど結婚祝いを頂いた方へお返しする場合には半返しが一般的です。

相手との関係によっては一概には半分の額をお返しするとはいきませんが、半分は返すという事をを基本として、相手に合わせて相手がかなり親しいご友人なら恐縮されない程度のお返しを選びましょう。
参列されなかった方達へのお返しは結婚式の1か月以内には贈りましょう。

また、それと共に、参列者と参列できなかった方へ結婚祝いの礼状を結婚式の1か月以内には出す事が礼儀となっています。一般的に結婚式や披露宴の2人が揃った写真をプリントした礼状が主になっていますが、大変でも一筆感謝の気持ちを添えると相手に対して誠意が伝わりますし、これから夫婦で色々な付き合いが増える中での円滑剤にもなりますので、是非喜びと感謝の気持ちは直筆で礼状に添えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ