結婚祝いに添える手紙は、渡すシーンを想定して

結婚祝いに添える手紙は、相手とのお付き合い具合やその時々の状況、お渡しする手段によって、内容が変わってきます。細かくいうなら、結婚の報告を受けて、単に結婚をお祝いしたいという気持ちで、お祝いの言葉を連ねたお便りを差し上げるということもありますし、お祝いのお品とともに一筆したためるのみという用い方もあります。

つまり、結婚祝いに添える手紙は、相手の手に届くシーンを想定してしたためる必要があるというわけです。
あまり親しい間柄でなくても、お祝いを用意することがあります。
親戚づきあいや、仕事づきあいによるものです。
手渡す場合は、簡潔に結婚に対するお祝いの言葉を添えておくだけで十分です。

直接当人同士で手渡しできず、誰かの手を介して渡されるのなら、その旨もあわせて二言三言書き込んでおくと、直接手渡しできなかったことをお詫びできる上、その後会う機会がなくても失礼のないお祝いとして記憶に残ります。例として、結婚祝いの手紙文例がたくさん出回っていますが、すべてをそのまま活用する必要はありません。

どんなシーンを想定しても、共通していえることは、だらだらと長い文章を書くよりは簡潔に書くということです。たくさんの内容が書き込まれたお便りを手にすることは、誰もが嬉しいことですが、思い出話などは別の機会にしたためても良いからです。お祝いの言葉は、お祝いの贈り物に添えて渡すことが大半なので、お返しで不便をかけないためにも、心を込めつつシンプルに心がけます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ