結婚祝いをメールで伝える場合、いつもの文章に、少し形式ばった言葉をプラス

友人や知人からの結婚報告に対して、結婚祝いをメールで伝える手段が少しずつ広まってきています。
基本的に、相手から来た連絡手段で返すのが、失礼のない方法になります。
電話で連絡をもらった場合は、その場の電話内で祝福の言葉を送ります。
郵送で結婚の報告が届いた場合は、郵送でお祝いの言葉を返したほうが良いと解釈するのが無難です。

ただし、電話は今までも現在も、正式なやり取りでも使われるため、郵送できた連絡に対して電話をする場合があります。しかし結婚前のやり取りの場合、電話だと相手に手間をかけさせてしまうことがあるので、メールなどを活用する方法が好まれることもあります。失礼のない結婚祝いを送信するためには、少し特別感を出すのがポイントです。

いつもの文章に、少し形式ばった言葉をプラスすると、大切に思っている感じが伝わりやすいです。
自分側が長々と文章を書き込んでも問題はありませんが、結婚前の忙しい時期なので、文章を締めくくるとき、返信は気にしないでと一言添えておくと、思いやりが感じられる温かいお祝いの文章になります。
気をつけたいのは、スパムとして振り分けられないようにすることです。

件名はわかりやすく、結婚祝いとわかるようにします。
内容も、結婚に対するお祝いの言葉を中心にし、日常のやり取りとは違うことを明らかにします。
正式なメッセージカードやお手紙を送らなくても、メールで祝いを伝えたことがわかるようにする必要があるからです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ