結婚祝いのあれこれで、英語表記を使う際の注意点

結婚は祝われる側も、祝う側にとっても、特別なイベントになります。
そのため、結婚祝いを選ぶ側も真剣です。
喜ばれるもの、インパクトのあるもの、印象に残るものなど、人それぞれのこだわりをこめた品物選びが行われます。

ちょっとしゃれたプレゼントを贈りたいなら、英語を使ったプレゼントがおすすめです。
結婚祝いでは、メッセージカードを添えることがあります。カードに英語でおめでとうを書き込めば、おしゃれな結婚祝いへとはやがわりです。祝いの場で、英語表記を使う場合、いくつか注意しておきたいことがあります。

まず、相手が日本語以外の外国語に対して、おしゃれな印象をもってくれるかどうかということです。
外国語に慣れておらず、海外にあまり関心を持っていない場合は、日本語で書いてくれないと意味がわからないと思う可能性が高いです。
最近は、海外ドラマにはまる若い世代が多いので、そういったタイプの新婚さんであれば外国語表記をおしゃれだとよろこんでくれる可能性が高いです。

基本的な注意点として、表記を間違わないことです。
日本語と違い、ローマ字を間違って書き記してしまうことも珍しくありません。
一文字違うだけで、まったく違う意味をあらわしてしまったり、意味が通じなくなってしまったりします。

間違いだけは避けるように何度も確認しましょう。
自分で言葉を考える場合、本当に正しい表記であるか、おめでたい場に使える表記であるかも確認しておくようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ