親戚への結婚祝いのお返しは、1か月以内に頂いた額の半分を返すのが一般的です。

結婚が決まったら、入籍のみ、または両親と兄弟姉妹のみで式を挙げる方も増えており、現在は親戚も呼んで結婚式や披露宴を挙げる方も少なくなっています。
友人の場合は報告、お祝いの連絡などで済んでも親戚からは挨拶周りの際などに結婚祝いを頂く事となります。

結婚式を挙げられない方の場合、頂いてから1か月以内には頂いた結婚祝いに対して内祝ののしを付けてお返しをする必要があります。
親戚へのお返しというのは各家庭で全く異なりますが、基本的には頂いた額の半分をお返しとするのが一般的です。

贈る物としては、普段から親しくしていて何か必要とされている物が分かっている方の場合は物品でも良いですが、贈る相手を選ばず実用的な商品券が喜ばれます。頂いた額の半額分にはしたが出るようなら一緒にはした分のお菓子やタオルなどを贈ると無難です。半分返しをしないで良いという家庭もありますので、新婦さんは新郎さんのご両親によく確認されてから内祝いの手配をして下さい。

そのような場合にはその方の好むものでできれば食品やお酒などの消耗品を気持ちとしてお贈りするとこれから付き合っていくにも印象が良くなりますので、気持ちとしてお贈りしましょう。また、小さい頃からお世話になってきた方達に対してのお礼の気持ちですので、贈られる際に一筆、結婚祝いに対してのお礼の言葉とこれからよろしくお願い致しますといったお手紙を添えるとより気持ちが伝わり両家に対して良い印象を与える事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ