結婚祝いののし袋はマナーを守って記入しよう

結婚祝いなどの祝儀袋のマナーについてですが、祝儀袋はお祝いのお金を包む袋の事をさします。
この祝儀袋を結ぶのみ用いられているのが、水引です。
水引の結び方には、1度結んだらほどけない結びきりと、ほどいて何度でも結ぶ事のできる蝶結びがあります。

結びきりは結婚、お悔みごと等の2度と繰り返してはいけない事に使い、蝶結びは何度も繰り返してよい、出産や長寿祝いをはじめとする一般的な祝い事に使われます。
結婚のご祝儀として現金を贈る場合、裸のまま包むのではなく中包みに包んだものを、更に上包みで包み、最後に水引をつけます。

市販の袋を使う場合、中包み用として封筒が付いているものと、付いていないものがあります。
封筒を自分で用意する場合は、白無地の一重のものを用い、中袋にお金を入れたら、金額を記入しましょう。
正式には筆で書くのですが、ペンでもいいとされています。
のし袋は、中に入れる御祝金の金額にあった装飾、紙質の袋を使い、金額が少ないのにあまり豪華なのし袋を使うのはNGなので注意して下さい。

御祝金は、新郎新婦との関係が近いほど高額になります。金額の目安は2万円から10万円で、友人や会社関係の場合は3万円程度が一般的です。袋の表書きには、寿、御祝、祝御結婚、御慶、御歓などです。
水引には、白赤、金銀の結び切り、あわび結びなどにします。のし袋を当日持参する場合には、袱紗に包んで持参するのが正式な形となっており、色は、赤色、紫が慶事に使える色と言われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ