結婚祝いの書き方は、毛筆や筆ペンなどの黒く濃い色が出るもので、自筆で丁寧に書くのが望ましいです。

結婚祝いに使うのし袋は、たくさんの種類があるのし袋・のし紙の中から、適したものを選ばなければなりません。
使用するのしだけでなく、書き方にも決まりがあるので、確かな調べものをせずにのし袋を選んだり、ぶっつけ本番で名前を書いたりしないようにします。

マナーとして、結納時ののし袋と結婚時ののし袋とは、正式には異なります。
結納用・結婚用ともに、デザインは結びきりのものが使われますが、全体的に結納用のほうが飾りが派手な場合があります。
最近は、結婚祝い用でも、華やかなアレンジがされたのし袋が登場しています。

あまり形式にこだわらないお家柄同士の結婚式であるなら、豪勢にアレンジされた現代風ののし袋を使用しても構いません。
きちっとしたものを用意したいなら、安価なものではなく、材質もこだわって購入するのもわるくありません。
正しい書き方は、使うペンから決まっています。

ボールペンや万年筆、薄い色の筆・墨は避けなければなりません。
毛筆や筆ペン、色は黒く濃いものを使用します。
表書きは、寿や御祝、祝御結婚などと、結びきりの上に書きます。

印刷や印鑑を使用するケースが増えていますが、丁寧に書けばきれいに見えますし、せっかくの結婚祝いですから、自筆が望ましいです。
結びきりの下側には、名前を書きます。

複数連名する場合は右側から、身分・年齢が高い順から、左へと書いていきましょう。
フルネームでかけるのは3名程度なので、人数が書ききれないほどいる場合の書き方は、友人一同などとまとめて書くようにして下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:結婚祝い

このページの先頭へ