欧米にはバレンタインデーに男性から女性に花を贈るフラワーバレンタインという習慣があります

バレンタインデーの習慣と言えば、日本では女性が男性にチョコレートを贈って愛を伝えるというのが一般的です。
そして最近では、女性が同じ女性に贈る友チョコという習慣も出現し、贈る男性がいなくても2月14日を大いに楽しもうという風潮が感じられます。

また、スーパーの特設コーナーやデパ地下などでは様々なチョコレートが販売され、チョコレートに限らずとも店頭やインターネットで多様なバレンタイン商品が出回ります。このような日本のバレンタインデーですが、ヨーロッパ諸国では男女がお互いにカードを贈り合うのが元々の習慣でした。

そして、イギリスから始まったのが男性から女性に花をプレゼントするというもので、カードと共に贈って求愛するイベントとなりました。
男性は素敵なレストランを予約し、さらには花を準備して、出会ったばかりの頃のときめく気持ちを思い出せるような演出をします。

こうした習慣は後にアメリカにも渡り、アメリカではバレンタインの重要アイテムとして女性の職場に花が届けられるということもしばしば見受けられます。そこで贈られるのは愛と美の象徴とされるバラが圧倒的に多いのですが、近頃は自分の個性をアピールしてか、他の人とは違った種類の花を贈る男性も増えているそうです。

このようにイギリスやアメリカでは、男性から女性に求愛するフラワーバレンタインが一般的で、国によってバレンタインには様々な習慣があることが分かります。
日本の男性も、2月14日には欧米のようにフラワーバレンタインを演出してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ