バレンタインデーには、プレゼントと一緒に写真などを添えて贈りましょう

毎年2月14日はバレンタインデーです。
日本では女性から好意を持っている男性へチョコレートやプレゼントを贈る日というイメージがありますが、もともとは英語で「セイントバレンタインズデイ」と呼ばれ、日本語に訳すと「聖バレンタインの日」となります。

聖バレンタインは人名で、269年にローマ皇帝の迫害を受けて殉教してしまった聖ウァレンティヌスに惜しんで記念日とされています。

ローマではルペルクスという豊穣の神を祀るためにルペルカーリアという名の祭りが長い間開催されており、毎年2月14日の夕方になると若い未婚の女性たちの名前が書かれた紙が入れ物に入れられ、祭りが始まる翌日に男性たちがその紙を引き、当たった女性と祭りの間お付き合いをするということがありました。

この出来事が由来となり、やがて現代のように恋人たちが贈り物やカードを交換するという風習に変わっていったのです。
欧米などでは、男性から女性へ愛の気持ちを綴った手紙やカードを送るというのが一般的で、クリスマスカードの次に多く交換されていると言われています。

チョコレートを贈るのは日本独自の風習で、1958年に東京都内にあるデパートで開催された販売会でチョコレート業者が行なったキャンペーンが発端となりました。

今はチョコレートがバレンタインの象徴になっていますが、他にプレゼントや贈り物をする人も多く、カードや素敵な写真などにメッセージを添えるなど言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ