一口にバレンタインと言っても、日本とアメリカのバレンタインデーでは違いがあります

2月14日と言えばバレンタインデーです。
この日は、女性がの意中の人にチョコレートやプレゼントを渡して想いを伝えたり、お世話になっている人に義理チョコを贈ることが定番となっています。

最近では、友達同士で交換する友チョコや自分で食べる自分チョコという言葉も出ています。もちろん、日本だけではなく世界各地でバレンタインはありますが、その国によってバレンタインをどのように過ごすかは日本とは違うところがあります。

例えば、日本では女性から男性にチョコレートを渡すことが一般的ですが、アメリカのバレンタインデーは、男性から女性にチョコレートやプレゼント、バルーン等を渡したり、想いをよせている人や恋人、家族のためにレストランを予約して、ディナーを楽しむということが一般的となっています。

他にも、義理チョコや友チョコのようなものはなく、友達同士ではカードの交換やカップケーキを渡したりすることがあります。
義理チョコと似ていますが、渡す相手への義理という意味ではなく、日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼントする点で日本とは少々違っているようです。

バレンタインデーに意中の人に自分の想いを伝えるということは日本とアメリカ共通ですが、アメリカでは告白をする時に、愛を象徴する薔薇をプレゼントして告白をします。
一口にバレンタインと言っても、日本とアメリカでこんなにも違いがあるのは面白いものです。また、アメリカにはホワイトデーがなく、これも大きな違いと言えるかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ