恋人の日バレンタインデーと、日本人がチョコレートを贈る由来を紹介します

2月14日は誰でも知ってる日、バレンタインデーです。
日本では好きな人に女性から男性にチョコレートを贈る習慣となっていますが、上司やお世話になっている人に贈る義理チョコ、友達同士で贈りあう友チョコ、男性が女性に贈る逆チョコなども見られます。

また、最近ではマフラーや手袋、クッキーや飴など、チョコレートにこだわりなく渡し合っていますが、どうしてこの様な習慣ができたのでしょうか。
その由来はローマ時代にさかのぼり、2月14日は全ての神の女王であり、結婚と家庭の女神ユノの祝日でルぺルカリア祭の前日でした。

その日にくじを引いてペアになった男女が恋に落ち、たくさんのペアが結婚しました。
別の説では、ローマ皇帝クラウディウス2世が、戦地に行く兵士達に結婚を禁じた際、キリスト教司祭のバレンタインが密かに兵士たちを結婚させたことが発覚し、ルぺルカリア祭の前日2月14日に処刑されてしまいます。

こうしてバレンタインがルぺルカリアに生贄の犠牲となったため、その日がキリスト教の祝日となり、恋人の日となったとも言われています。このように様々な説がありますが、日本では1970年代頃、恋人の日2月14日に愛する人にチョコレートを贈ろうと東京のお菓子メーカーが提案したことで広まったと言われています。

戦前にいた外国人たちが一部行なっていたりと他にも説はありますが、この時期を境に女性が好きな男性にチョコレートを贈る習慣ができました。
今では様々なスタイルになりましたが、バレンタインデーはチョコレートの年間消費量の2割を消費する国民的行事になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ