バレンタインデーの起源とプレゼントのランキング定番商品

日本で毎年恒例のイベントとしてすっかり定着している2月14日のバレンタインには、れっきとした起源があります。

3世紀頃、男女が婚姻関係を結ぶことを禁止した当時のローマ帝王の命令に背き、兵士とその恋人をかくまってこっそり婚姻関係を結ばせていた人物「ヴァレンティヌス(英語読みでバレンタイン)」が処刑されてしまったその日が恋人たちの日「バレンタインデー」となりました。

日本ではチョコレートを贈る日という認識が一般的ですが、この背景には製菓会社や百貨店などで実施されたキャンペーン、広告などの影響があり、「女性から男性へ贈る」という日本独特の風習もここから始まっています。

やはり現代でもバレンタインデーと言えば女性から男性へチョコレートを贈るというイメージが強いですが、最近の定番は少し変わってきています。
「できれば長く愛用でき、身につけるもの」が人気で、ランキングの上位によく見られるものといえば洋服や下着、ネクタイ、財布、また、季節がらマフラーや手袋が多くなっています。

「本命チョコ」「義理チョコ」は昔からよく耳にしますが、近年は男性から女性へ「逆チョコ」、仲の良い友達へ「友チョコ」、自分へのご褒美に「自分チョコ」など様々に楽しまれています。今日では、このように贈る相手もプレゼントも様々で、人それぞれのバレンタインがあることでしょう。ブームに乗るのもいいですが、自分らしい楽しみ方を見つけてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ