バレンタインデーには英語のメッセージカードをチョコレートと一緒に贈りましょう

バレンタインデーは近年、義理チョコや友チョコなど日本人にとてもなじみのある年中行事になっていますが、元はキリスト教の司祭で医師でもあるウァレンティヌスの名前に由来しています。

3世紀頃のローマ皇帝が兵士たちの結婚を厳しく禁止していた中、この司祭が結婚を希望する兵士たちの結婚を内密にさせていましたが、このことが皇帝に知れてしまい処刑されてしまい、その日が2月14日なのです。日本ではチョコレートのやり取りが中心ですが、世界に目を向けると、プレゼントはグリーティングカードが多く贈られています。

これは、誕生日やクリスマスなどに親しい友人や恋人同士でメッセージを添えて贈るカードのことで、クリスマスが一番多くやり取りされていますが、その次に多いのがバレンタインデーです。馴染みの少ない方もいるかもしれませんが、世界では10億枚ほどカード交換がされています。

いくつかメッセージの例を挙げてみますと、一番分かりやすいのは「Happy Valentine’s Day!」で、「幸せなバレンタインを」という意味で、恋人だけでなく、友人や家族にも使えるフレーズです。恋人に贈るなら「You are my Valentine.」、「あなたは私の大切な人(恋人)」や、「Be My Valentine.」、「私の大切な人になって下さい」も印象的になります。

おもしろいのは「XOXO」ですが、これはキスハグキスハグの意味で、Kissとhugを併せた略語で、親愛の気持ちを伝える為に手紙やメールでよく使用されます。
今度のバレンタインデーには、英語を使ったグリーティングカードをチョコレートと一緒に贈ってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ