バレンタインデーには、チョコレートにメッセージを添えて贈りましょう

2月14日のバレンタインデーは国民の祝日ではありませんが、前々から準備をしたりすることから、クリスマスと肩を並べる程のイベントになっています。
起源はローマ帝国の時代までさかのぼり、世界では男女の愛の誓いをする日というのが一般的です。

ただし、日本に限っては独特な発展をしていて、女性から男性に愛情の意味合いを込めてチョコレートを贈るという、日本型バレンタインデーが1970年代後半に確立していきました。

日本型の始まりは諸説あり、製菓メーカーの宣伝が広がったのではないか、デパートの商戦によるものではないかと言われていますが、どれも確かなものではないようです。
製菓メーカーの広告には、チョコレートを贈ろうではなく、チョコレートを添えてメッセージを贈ろうでした。

いつからかチョコレートが主体になっていますが、次のバレンタインデーには、当初の主旨に拘ってメッセージを添えてみましょう。
手紙に託す、カードに印象的な言葉を添える、直接チョコレートに一言書くなど手法は様々です。

今現在のバレンタインデーは本来の愛情の意味合いは無くさず、贈る相手が異性に限らない友チョコや、親愛の意味を込める義理チョコ、自分へのご褒美チョコなどバリエーションが豊富になっていますので、誰に贈るかによって書く内容が変わってきます。

不変なものは相手を思いやる気持ちなので、それを念頭におけば不器用なものでも伝わるでしょう。
そんな気持ちを込めて、今年のチョコレートはメッセージを添えて贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ