バレンタインデーは目的によって予算も違ってきます

女性にとってバレンタインデーは、本命の男性へ告白できる絶好のチャンスですし、会社の上司や同僚に感謝の気持ちを伝えるいい機会でもあります。
また、女友達にプレゼントする「友チョコ」も定番化していて、最近では、自分の為に買う「ご褒美チョコ」が話題を集めています。

さて、バレンタインデーと言えば本命チョコですが、20歳代から60歳代の女性の約80%が恋人や夫にバレンタインデーのプレゼントをあげるという統計があります。
このような本命チョコの予算は、年代によっても違ってきますが2,000円未満が多いようです。

2,000円未満という金額に少ない印象を持つかもしれませんが、本命の場合はチョコの他にプレゼントをプラスすることも多く、それを合わせると1万円程になることが予想されます。

しかし、贈る相手の好みや年齢で大幅に変わってくるでしょうし、本命チョコの最大の目的は気持ちを伝えることにありますので、気持ちを最優先にして決めると良いでしょう。

続いて義理チョコの場合ですが、感謝の気持ちを伝えることが目的ですし、数も多く準備しなければならないので、その予算は約500円と低めになっています。
贈る側も贈られる側も気を使うということや、チョコの配布を禁止する会社もあり、義理チョコを贈る女性は減少してきています。

一方で、友チョコやご褒美チョコを購入する女性は増加しており、その予算も本命に匹敵する程になってきていて、普段買えない期間限定や高級ブランドのチョコを奮発して購入しているようです。
このように、バレンタインチョコはその目的によって、予算にも違いがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ