バレンタインデーは大切な人とディナーで一緒に過ごそう

2月14日はバレンタインデーであり、起源は3世紀に殉教したローマの司祭、聖バレンタインの記念日に世界各地で恋人が互いに贈り物をして愛を誓い合ったことが起源とされています。

日本では、神戸市の洋菓子メーカーが1931年に商品カタログでチョコを『愛の贈り物』と紹介したのが始まりと言われていますが、現在では、女性が男性に愛を告白する日となっており、同時にチョコレートを贈る風習があります。

贈る相手は、お付き合いをしている彼氏または結婚しているのであれば夫へ、日頃の感謝の気持ちと愛している気持ちを伝える日でもあります。
一般的にはデパートやスーパーなどで購入したチョコレートやチョコレート菓子を贈りますが、特に親しい間柄であれば、ハンカチやネクタイ、お財布なども一緒に贈ると良いでしょう。

そして、贈る相手がより親密なお付き合いをしている彼氏や夫であれば、ディナーを一緒に食べるというのもお勧めです。

例えば、レストランで食事をするだけでもいいですし、いつもとは違った雰囲気の少し高級なディナーを予約して、ワインなどを飲みながら、大切な人との愛や絆を確かめ合うのも良いでしょう。
また、祖父母や子供など他の家族がいる場合は、家庭での夕飯をグレードアップして、みんなで楽しみましょう。

贅沢な料理でなくても、オムライスの玉子の上にケチャップでハートを描いたり、ハンバーグの形をハート型にするなど、いつもの料理にひと手間かけるだけで感謝の気持ちは伝わります。
バレンタインデーは大切な人と一緒の時間を過ごして、愛や絆の再確認をする日です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ