POP広告を参考にしてバレンタインデーの贈り物を選ぼう

2月14日はバレンタインデーです。
世界中で恋人達が愛を誓い合う記念日になっています。
世界各国でその意味や形は違いますが、日本のバレンタインデーは、女性が男性に愛を告白する日として定着しており、その際にチョコレートを渡すというのが定番です。

最近では、男性から女性へ送る「逆チョコ」や、自分へのご褒美として「自分チョコ」、女子学生の間でブームになっている「友チョコ」や「デコチョコ」など、その形も変わってきています。

バレンタインデーが近づくと、デパートやスーパーでひときわ目立つ売り場を目にする事でしょう。
そこは、ピンクや赤のハートやリボンで煌びやかに演出されていて、女性の心を惹き付けます。

バレンタインの贈り物を選ぶ際、売り場で参考になるのがPOP広告です。
POPには、顧客の購買意欲を促進させたり、売り場を見るまでは買うつもりはなかった顧客に対しても興味を促したりと売り上げに有用な効果があります。

その為、ほとんどの店舗では店員による接客に加え、様々な形のPOP広告を使用しています。
立体的な卓上スタンド型や、天井から吊り下げた形やポールに付けられたのぼりなどもPOP広告の一つです。

普段の広告は値頃感を打ち出す為に値段を目立たせているものが多いですが、このようなイベントの場合、イラストやカラーなど、多種多様な工夫がされています。

贈る相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、POPを参考にして贈り物を選んでみましょう。
それは愛情たっぷりの素敵なプレゼントになり、その愛情はきっと相手に伝わる事でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ