バレンタインデーにチョコを贈るイベントは日本独自のもの

バレンタインデーに女子から男子にチョコレートを贈るというイベントは、日本では1970年代頃から盛んになりました。
もともと2月14日は、ローマ時代に殉教した聖バレンティヌスの記念日です。

世界各地で恋人たちの愛の誓いの日とされてきましたが、女子から男子へチョコを贈るという風習は日本独自のもののようで、その火付け役は、日本のチョコレート会社です。
その戦略は見事成功し、今でも毎年2月初旬のデパートなどではチョコレート売り場を特設し大盛況となっています。

しかし、近年はチョコレートに限らず、クッキーやケーキ、さらにはお菓子だけでなく、マフラーなど装身小物までプレゼントの種類が広がっています。
また、贈る相手も恋人だけでなく、友人や女性同士へと変化してきていて、かつては義理チョコなどという、儀礼的なものまで登場しましたが、今はすたれているようです。

いずれにしても、日ごろの感謝を込めて贈り物をするというイベントは、どこか日本人の精神的風土に合うものだったのでしょう。

お中元やお歳暮というと、ややオフィシャルで堅苦しく、大げさな感じがありますが、バレンタインの贈り物はもっとライト感覚で若い人たちの感性にもマッチしたギフトイベントだったようです。

2匹目のドジョウを狙って、2月14日のバレンタインデーには恋人に花を贈ろうとか、本を贈ろうなどといろいろな業界がイベントを仕掛けましたが、どれも盛り上がりませんでした。
やはり、チョコレートの甘くリッチな味わいが、バレンタインデーの贈り物にぴったりなのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ