バレンタインデーのラッピング

バレンタインデーにチョコレートを贈る時には、可愛くラッピングしてあげましょう。
ハート型の箱や缶、かごなどに入れるだけでムードが出ます。
手作りチョコで自信作でしたら、中身が見えるように透明のビニール袋に入れて、リボンをかけるというのも良いでしょう。

包装紙は、いろいろな柄のものが売られています。
寒色系のストライプならクールなイメージですし、暖色系の花柄や水玉模様を選ぶとホットなイメージに仕上がります。
あげる人が個性的なタイプなら、ユニークな柄の包装紙を選んでも良いでしょう。

ナチュラルなかごに入れると、素朴な感じにもなります。
ガラス製の容器、陶器などを器に選べば、中に入っているチョコレートが高級に見えます。

リボンもさまざまな色やスタイルのものがありますから、包装紙とリボンを同系色で揃えると、落ち着いてまとまります。
また、寒色系の包装紙に暖色系のリボンをかけると、ちょっとポップな感じになります。

大人っぽくしたいなら、リボンは細くて地味めなカラーのものを、派手に飾りたいなら、幅の太いリボンと細いリボンを二つ組み合わせることにより、ラッピングにボリュームが出ます。

そして、包装紙にスタンプを押して、オリジナルの包装紙を作るという方法もあります。
箱も設計図を自分で書けば、六角形とか八角形、ハート型のものも作れるでしょう。
バレンタインデーのチョコレートをもらった人が、ワクワクして開けるようなラッピングで贈りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ