バレンタインデーキッスをご存知ですか

バレンタインデーをテーマにした楽曲といえば、バレンタインデーキッスが有名です。
この曲がヒットしたのは20年以上も前になりますが、今でもバレンタインデーの楽曲として他の追随を許していません。
曲調は当時流行していたオールディーズ調で、明るくほのぼのしています。

歌詞は、バレンタインデー前日の乙女心を歌っており、なかなか勝気な少女を主人公に据えたことによって鮮烈な印象となっています。
詩の世界を簡単に説明しましょう。

主人公がチョコレートを渡そうとしている相手は人気者で、競争率が高そうです。
普通にチョコレートを渡しただけでは、ライバルのチョコレートに埋もれてしまうに違いありません。
そこで主人公は、切り札ともいえるべき手段を決意します。

その手段とは、チョコレートの代わりにキスを贈るというものです。
バレンタインデーというと、ふだんは告白なんてできない内気な女の子が年に一度勇気を出す機会という風潮があった当時において、これほど大胆な女の子の出現は新鮮なものでした。

今にして思えば、これほど積極的な女の子ならバレンタインデーでなくとも思いを伝えられそうな気がします。

思いを伝えるだけでは済まさず、思いを遂げようとする積極性、その方法の大胆さ、ライバルに勝つための計算、それらをストレートに歌い上げたという意味でも新鮮でした。
とにもかくにもこの曲がバレンタインデー商戦を盛り立て、世の乙女心を盛り上げたことは言うまでもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ