友チョコで広がるバレンタインデーの可能性

これまで、バレンタインデーは女性から男性へと愛を伝えると言うのが一般的な意味合いでした。
けれども最近は女性同士、友人同志で贈り合う「友チョコ」と言う贈り方が少しずつ増えてきました。
日本の場合は、恋愛系のイベントとして一般的でしたが、この新しい概念によって、またこの記念日の意味合いが変わりそうです。

お菓子を作るメーカーも、より戦略的に商品を開発して販売することを考えるでしょう。
こうした友チョコはやはり女性同士での贈り合いがメインです。
女性は食べ物を始めとした流行に敏感ですから、チョコレートやそれらに関連したお菓子の開発は必須です。

定番のお菓子やこれまで人気があったお菓子がいつまでもずっと受けると言うことはありません。
彼女たちが何を求めているのか、どういう工夫をすればより喜んでもらえるのか、何よりどんな商品を提示すれば購入してもらえるのかとそのことを念頭に置いて開発がなされていきます。
購入する側はそこまでは考えていません。

ただ友人同士で楽しむためのチョコレートを始めとしたお菓子を買いに行くだけです。
デパートや百貨店などであればさらに華やいだ雰囲気の中できらきらしたお菓子たちが出迎えてくれます。

そのたくさんある中から入念に吟味したお菓子を選び、友達や仲の良い同僚たちとシェアします。
そこからまた新たに情報を仕入れ、求めてと繰り返していきます。
そうした彼女たちのパワーは凄まじいものがあります。
だからこそ、今後もいろんな商品が期待できるのでしょうね。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ