韓国のバレンタインデーは、様々な店がチョコレート屋さんに変身することがあります。

2月14日といえば、日本ですと女性側から、好きな男性に向けて、愛の告白とともにチョコレートを贈る日です。
海外では家族やカップル同士でプレンゼントやカードを贈り合ったりするのが主流でチョコレートを贈るというのは日本独特の文化かもしれません。

お隣韓国でも日本の独自文化を取り入れ、女性が告白する日として定着していますが、韓流はここでも見る事ができるようです。
バレンタインデーの数週間前からは街にチョコレートを売るお店が増えるそうです。

お菓子屋さんだけではなく、雑貨屋さんやパン屋さんなどが、この期間チョコレート屋さんに変身するのだとか。
チョコレートを贈る方法も、大きくて華やかなバスケットに色々なチョコレートを詰め込んでラッピングしてプレゼントするそうです。

この日は街中に綺麗で大きなバスケットを持って歩いている人が見られる事でしょう。
そしてなんといってもユニークなのが、バレンタインデーやホワイトデーでパートナーがいなかった人の為の日があるという事です。

4月14日をブラックデーと呼び、相手がいなくて寂しい思いをした男女が、黒い服装で、チャジャン麺という黒いソースのかかった麺を食べるそうです。
とてもユニークですね。

この何とも切ない日をきっかけに、お付き合いが始まるカップルが誕生する事もあるそうなので、一概には寂しい日ではないのかもしれませんね。
ブラックデーでも恋人ができなかった人は6月14日のイエローデーでカレーライスを食べるそうですよ。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ