売上を増やすために重要なディスプレイですが、バレンタインデーの場合は赤、ピンクが中心。

商業施設では売場のディスプレイが売上を増やすために重要な要素となっています。
お正月が終わるとバレンタインデー、それが終わるとひなまつりや、ホワイトデー、子供の日、お盆、行楽シーズン、クリスマスといったように季節ごとにめまぐるしく変化しています。

ディスプレイはお客さんの足をとめたり、楽しませたりする要素なので売場のスタッフは工夫をこらしています。
なかでもバレンタインデーは様々な産業にとって欠かせないイベントとなっており、しかも短期決戦のためアイキャッチ効果の高い売場づくりが求められます。

基本カラーの赤、ピンクを中心に、バルーンやのぼりなどの販売促進用品をつかってチョコレートの売場などを飾り付けています。
おすすめ商品を書けるオリジナルボードや、チョコレートをのせる台などもかわいらしく女性の目をひくものが使われます。

そして同じように売上の増加がみこめる化粧品売場や衣料品売場でもバレンタインデー用のディスプレイは展開されます。
イベント限定商品を目立つ場所に配置し、イベントの雰囲気を高めています。
それに使う販売促進用の道具たちの費用はどれくらいのものなのでしょうか。

その道具を商業施設に販売している業者は、クリスマスや、ほかのイベントにも使い回しできるようなアイディアを提供していかなければならないと思います。
屋外につかう大きなものなどは、それ専用のレンタル会社などを利用する場合もあるようです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ