世界のバレンタインデーは感謝を伝える日として認識されていることが多い

日本のバレンタインデーはもうほとんどの人が知っているでしょう。
毎年2月14日、女性から男性に思いを告げることの出来る日、そしてその時にはチョコレートを添えて、とみんなが知っているイベントになっています。
しかしバレンタインデーはもともと外国から入ってきたイベントです。

世界のバレンタインデーはどのような日なのでしょうか。
ヨーロッパの場合ですと、女性からと限定されているのではなく、男性からもプレゼントを贈ります。
その時には特にチョコレートとは決まっていないようです。
チョコレートももちろん贈る習慣はありますが、19世紀頃ぐらいからの習慣だそうです。

他にも花やケーキなど、贈る物は多種多様なので、贈る側ももらう側もより楽しみな日かもしれません。
他の国でも、特にチョコレートを贈る、愛を伝えると言う日ではないようで、花やカードを贈り「感謝を伝える日」と認識されているところが多いようです。

アジア諸国の場合も日本の影響を受けてチョコレートを贈ると言う国が増えていますが、宗教上一部の国ではバレンタインデーを祝うことはないようです。
厳しい取り締まりをしている国もあるので、その文化面での違いも記念日の違いに繋がりそうです。

バレンタインデーにはいろんな意味が込められていると言うこともよくわかります。
日本は極端にチョコレートと恋愛を結び付けていますが、他の国だと感謝の意味も込められて、国の違いがより鮮明になっている面白いイベントの一つかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:バレンタインデー

このページの先頭へ