お世話になった人や家族に贈る退職祝いと、心の込もったお返しの例を挙げます

退職とは、就業していた労働者が会社との契約解除をすることで、1年でも30年でも会社を辞めれば退職になりますが、ここでは長年働き定年を迎えた人を対象に、どのような退職祝いを贈るのがベストなのか、またお返しする時は何がお勧めなのかを挙げていきます。

退職祝いは、仕事を辞めたことよりも、新しい人生の出発をするお祝いと考えるとよいでしょう。
一般的に、会社では歓送会や送別会を開きますが、直属の上司や親しい友人には個人的に、また連名で贈り物を渡すこともあります。

例えば、これから良い人生が刻まれるようにと時計や日記帳、万年筆、オンリーワンのコップなどが贈られることが多く、その後のお返しについては行わなくても構いませんが、贈る際は、相手の負担にならず金銭的にも手頃な品を選ぶようにしましょう。

退職祝いを貰ったら一週間を目安に礼状を添えて、受け取った品の半返しの商品を贈ります。また、感謝の気持ちを伝えるには、心のこもった自筆の礼状ならそれだけでも十分です。テレビ番組で、銀行に勤めていた父親への退職祝いにフラッシュモブを計画して成功させるまでが放送されていました。

内容は、父親が最後の勤務日の営業終了後、残っていた客と同僚達が次々と踊り出し、最後に家族も登場して孫が花束を渡すというものです。
このように人それぞれに退職祝いはありますから、お返しも失礼にならないその人に合った素敵な物を考えれば、きっと喜ばれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退職祝い

このページの先頭へ