定年退職祝いの言葉は感謝の気持ちを伝えられたら成功です

定年退職祝いの言葉は、サラリーマン社会においては、人生の先輩への尊敬を示し、長年の功績を称え社会と縁が切れるのではなく、付き合いが続くことを語ります。

一例として、「ご定年おめでとうございます。公私共々長年にわたり温かくご指導くださり、本当にありがとうございました。幾度となくお叱りや励ましのお言葉で、数多くの知識を身に付けられました」といった、 今日まで上司の下で働くことができたことを感謝を込めて表します。

そして、今後のことをさりげなく、「奥様と第二の人生を楽しんで、今まで以上に毎日をお過ごしください」と触れます。
最後に、一般的な言葉で「多幸・ご活躍を心からお祈りいたします」と締めくくります。

夫婦での定年退職祝いの言葉は「本当に長い間お勤めお疲れ様でした。これからも二人、手と手を取り合って穏やかに幸せな日々を送りたいですね。いつも本当にありがとう」と尊敬と感謝を込めて表します。

家族からの定年退職祝いの言葉は、「多くの部下や仲間を持ち、定年まで勤め上げたお父さんは、僕の目標であり誇りです。これからはお二人の趣味の時間を満喫して、毎日を元気で充実して過ごしてください。今日まで家族を支えてくれてありがとうございました」ですとか、簡潔に「お父さん、定年おめでとう。長い間お疲れ様でした」などでも良いでしょう。

友人では、「定年退職おめでとう。これからは旅行や趣味の釣りも大いに楽しんでください」などが定年退職祝いの言葉のほんの一例です。
言葉で表すのは、やさしいようで難しいものがありますが、感謝の気持ちを伝えられたら成功だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退職祝い

このページの先頭へ