退職祝いにワインをプレゼント

退職する時というのは、感慨深いものがあります。
入社してからの仕事のことや、失敗や成功、昇進など、自分の人生の大半を過ごしたところを辞めるのですから、何か記念に残るものをプレゼントしてお祝いしたいものです。

会社の上司や先輩、または自分の父親など、どんな人でもお酒が好きな人でしたら、退職祝いに記念のワインボトルを贈るというのはいかがでしょうか。
たとえば、入社した年のボトルや、もしも手に入るのであれば、退職する年齢と同じ年のボトルなどを探してプレゼントするのも良いでしょう。

ワインというのは、その年の出来不出来にもよりますが、おいしくできた年のものは、保存状態を良くしておけば年月が経つとよりいっそう深みが出て味わい深くなります。
当然、価値が上がるので、値段も上がります。

そんなプレミアムな一本こそ、退職祝いにふさわしいと言えるでしょう。
また、多少値が張るものでも、何人かでお金を出し合ってプレゼントすることも出来ます。

ワインというのはあまり長期にわたって寝かしておくと味が落ちてしまいますから、退職する年齢や、入社してからの年月ぐらいのものがちょうど希少価値もありながら、飲んでもおいしく味わえる程度のものです。

お酒好きの方へのプレゼントとして、最適と言えるでしょう。
最近は個人での輸入もできますから、特別な一本をお祝いのために探して取り寄せて贈るというのも、ちょっと変わっていて大変喜ばれるプレゼントとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退職祝い

このページの先頭へ