喜ばれる退職祝いの記念品について

最近では、入社してから定年退職するまで、一つの会社に勤めるという人は少なくなってきています。
これは、社会状況の変化によって、終身雇用制度が維持できなくなってきたためです。

定年退職の場合の退職祝いとしては、長年の勤務と功労に対して感謝の気持ちを伝えることが一番で、お花のギフトや額に入った詩や人生訓などが定番の記念品となっています。

しかし、転職などで中途退職していく人の場合、それなりの退職祝いと記念品を考えないといけません。
また、中途退職する人の中には心ならずもリストラされた人や、社内トラブルによって仕方なく辞めていく人もいますから、繊細な心遣いが必要となってきます。

もし、職場での慣例があればそれに従えば良いのですが、そうでない場合、今後の人生に対しての激励の言葉が一般的です。
特に、個人的にお世話になった人の場合には、記念品よりも一緒に食事をする方が良いでしょう。

非常にデリケートな退職なので、心の籠もった小さな食事会などを開いてあげるのがふさわしいと言えます。
このような退職とは違って、女性の結婚退社や出産退社などはとてもおめでたいので、職場全体で話し合ってもっとも相応しい品物を贈ることをお勧めします。

結婚退社なら、新郎新婦の写真を飾るためのグッズや、新婚生活で必要になる電化製品などが喜ばれますし、出産退社なら、産着や衣類などが喜ばれます。
また、何が良いのかわからない場合は、好きな物を購入できる商品券などもお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退職祝い

このページの先頭へ