感慨深い退職当日に、退職祝いの祝電はいかが

退職日は、当人だけでなく、職場の方々も何かと慌しくなるものです。
挨拶のために、会社内外から退職者に対して挨拶に出向くと、退職者本人が困惑してしまう可能性もあります。

そこで、外部からお祝いの気持ちを伝えたい場合は、退職祝いのための祝電を送り届けるのが相応しい対処法といえます。
退職日当日、早々に届いた電報が、きっと退職者の気持ちを感慨深くさせます。
退職祝いの祝電では、決して珍しいものではありません。

ご家族や知人・ご友人、ご親戚、ご近所の方などであっても、退職日当日に、あえて通勤最後の日を送っている会社へと、電報を送り届けることは悪いことではなく、むしろ感慨深い一日にしてくれます。
退職祝い向けの祝電は、ウェディング向けほど知られていませんが、存在します。

もし、利用したい電報サービスの中に、退職に適したギフト電報が見つからない場合は、フラワータイプが無難です。

サービスを提供しているショップを選べるなら、革製品など、おしゃれな商品を電報サービスの一種として取り扱っているところがあるので、電報と一緒に送り届けられるものを工夫してみるのも素敵です。

サービスの申し込みで注意しなければならないことは、日時と名前、申込日で、日時は、退職日当日の早い時間に到着するように指定します。

名前を間違ってしまうと、すべてが水の泡です。
会社名、部署などもあわせて、間違うことのないように最終確認を行います。
確実に送り届けられるように、申込は早めに済ませておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:退職祝い

このページの先頭へ